学校評価学校評価

平成26年度 高校教職員 自己評価 結果

次の項目について5段階で評価(%で記入)

(5:水準をかなり上回っている、4:水準を上回っている、3:水準をほぼ満たしている、2:水準をやや満たしておらず、努力が必要、1水準を満たしておらず、かなり努力が必要 )

評価項目\評価段階 5 4 3 2 1 平均
1 教育課程・学習指導(教育課程、総合、道徳、総合学習、特別活動、学校行事、読書、授業方法、教材、評価法) 13.5% 37.8% 37.8% 10.8% 0% 3.6
2 HR(学級)指導(担任、副担任として) 11.1% 22.2% 44.4% 19.4% 2.8% 3.2
3 生徒指導 10.8% 16.2% 51.4% 18.9% 2.7% 3.1
4 進路指導 13.5% 32.4% 37.8% 13.5% 2.7% 3.4
5 部活動指導 11.1% 22.2% 50.0% 11.1% 5.6% 3.2
6 安全管理(学校安全、危機管理、学校防災等) 8.1% 10.8% 62.2% 13.5% 5.4% 3.0
7 保健・施設等の管理(衛生、清掃、活用、点検等) 16.2% 32.4% 37.8% 10.8% 2.7% 3.5
8 組織運営(分掌、予算、情報管理・発信等) 13.5% 24.3% 48.6% 10.8% 2.7% 3.4
9 学校運営(募集、予算、購入等) 2.7% 29.7% 51.4% 5.4% 10.8% 3.1
10 研修(校内研修・校外研修) 13.5% 24.3% 40.5% 18.9% 2.7% 3.3
11 保護者・地域住民等との連携 10.8% 21.6% 45.9% 18.9% 2.7% 3.2
12  活動の計画→実践→評価→改善 5.4% 21.6% 56.8% 13.5% 2.7% 3.1

平成26年度 授業アンケート結果

・生徒から教員に対し、「授業について」のアンケートを次の要領で実施した。

質問 回答
ア 熱意 1 感じる 2 まあまあ 3 感じない
イ わかりやすさ 1 理解しやすい 2 まあまあ 3 理解しにくい
ウ 力づけ 1 思う 2 まあまあ 3 思わない
エ 勉強興味 1 おもしろい 2 少し 3 おもしろくない
オ 定着確認 1 よく確認 2 時々確認 3 確認しない
カ 授業開始 1 定刻 2 早い 3 遅い
キ 授業終了 1 定刻 2 遅い 3 早い
ク 宿題量  1 適量 2 少ない 3 ない
ケ 有益教材 1 使う 2 たまに使う 3 使わない
コ 授業秩序 1 ある 2 まあまあ 3 ない
英数科
  1年 2年 3年
1 2 3 1 2 3 1 2 3
ア 熱意 73% 26% 2% 76% 23% 1% 79% 20% 1%
イ わかりやすさ 53% 41% 7% 62% 34% 5% 62% 34% 4%
ウ 力づけ 30% 57% 13% 35% 59% 7% 49% 46% 5%
エ 勉強興味 39% 45% 17% 47% 41% 12% 53% 40% 7%
オ 定着確認 19% 56% 25% 31% 49% 20% 43% 36% 22%
カ 授業開始 81% 2% 18% 93% 1% 6% 87% 4% 9%
キ 授業終了 85% 13% 2% 91% 9% 0% 81% 16% 4%
ク 宿題量  56% 1% 44% 72% 1% 28% 53% 2% 45%
ケ 有益教材 53% 31% 16% 62% 29% 9% 80% 15% 5%
コ 授業秩序 46% 42% 13% 47% 51% 3% 62% 37% 1%
I類
  1年 2年 3年
1 2 3 1 2 3 1 2 3
ア 熱意 69% 29% 2% 73% 26% 1% 75% 21% 4%
イ わかりやすさ 44% 49% 8% 60% 37% 3% 65% 31% 5%
ウ 力づけ 30% 65% 5% 41% 56% 3% 45% 48% 7%
エ 勉強興味 31% 54% 14% 48% 44% 8% 50% 39% 11%
オ 定着確認 22% 63% 15% 37% 49% 14% 34% 37% 28%
カ 授業開始 78% 6% 17% 95% 2% 4% 88% 6% 6%
キ 授業終了 77% 23% 0% 92% 8% 1% 89% 10% 1%
ク 宿題量  78% 3% 19% 66% 3% 31% 45% 5% 50%
ケ 有益教材 51% 35% 13% 67% 25% 8% 67% 28% 5%
コ 授業秩序 53% 44% 3% 59% 39% 2% 55% 39% 6%
II類
  1年 2年 3年
1 2 3 1 2 3 1 2 3
ア 熱意 61% 35% 4% 70% 27% 3% 75% 22% 3%
イ わかりやすさ 50% 40% 10% 59% 34% 7% 64% 30% 5%
ウ 力づけ 40% 51% 9% 48% 44% 8% 57% 37% 6%
エ 勉強興味 43% 41% 16% 52% 35% 13% 59% 33% 9%
オ 定着確認 28% 45% 27% 36% 38% 25% 49% 31% 20%
カ 授業開始 82% 6% 12% 89% 3% 8% 89% 5% 5%
キ 授業終了 83% 14% 3% 92% 7% 1% 89% 9% 2%
ク 宿題量  46% 6% 47% 50% 3% 47% 54% 3% 43%
ケ 有益教材 47% 34% 19% 51% 28% 21% 67% 17% 16%
コ 授業秩序 47% 43% 9% 53% 40% 7% 67% 27% 6%

平成26年度学校自己評価と学校関係者評価

校  訓 中庸の道
教育方針 知・徳・体 バランスのとれた人間の育成

重点目標 学校自己評価 改善策 学校関係者評価
(1) B 生徒 ・初期指導の重要性から新入生中間テストまでを区切りの期間とし、学年と連携した指導をおこなう。 

・文理選択した2年生も同様に教科と学年の連携指導をおこなう。
・若手教員への専門監による研修はプロ教師育成の場として大切であり、意識が備わると思う。学校は「先生」で子供たちが育つので、今後も教員の研修を継続するよう求める。
知性を
育む
・授業に集中し、家庭学習を確実に実施する努力をみせたが、継続的な動きとして定着は難しかった。

・図書室の利用が個人、授業でもみられ、生活の中に定着している。
教員 ・教員の研究授業は今後も継続し工夫された授業が行えるよう努力する。また校外の研修参加も積極的におこなう。
・30名の教員が研究授業を実施し、教科指導の向上を図った。更に、若手教員では教育専門監による学習会を年間を通じて実施し、資質向上を図った。
(2) B 生徒 ・自転車マナーについて警察と連携して継続キャンペーンをおこなう。 

・挨拶が良くできるようになったことを生徒と教員で確認し、次の新たな目標を設定し挑戦する気持ちを全員で持つ。
・挨拶ができるということはとても大事、社会にでるとよくわかる。挨拶のできる生徒作りを希望する。
品性を
高める
・挨拶を自然に交わす姿が多くなった。端正な服装、身だしなみも広まっている。

・登下校時の自転車マナーについて、校外からの指摘もあるので、信頼を高めるよう生徒課を中心とした指導を実施している。
教員 ・生活指導で教員間の連携に温度差がでないよう注意する。
・日頃より、服装、言葉遣い、社会規範等に注意した生活を心がけ、社会人として生徒に範を示すことができるよう努力している。
(3) A 生徒 ・活動が活発になるよう、発表の場を増やしたり、活動報告を頻繁にとりあげる。

・活動時間に制限があることを忘れず、短時間集中活動を基本とする。
・文武両道の目標に向かい、高い目標と達成を望む。
部活動・
特別活動を
充実する
・部活動、特別活動に積極的に参加し、自己の向上を図っている。

・プロ選手誕生、東海リーグ、県大会での活躍等、心技体を充実させ、高いレベルでの成績を修めている。また、地道な活動で県大会レベルに評価される文化部もある。
教員 ・活動が盛んになるほど勝利第一、体罰、中傷批判など社会問題の指摘が取りざたされるので注意する。
・個々の能力の伸張のみならず、自主性、責任感、協調性などにも目を向けた指導を心がけている。
(4) A 生徒 ・進路指導は学年をおって適切な計画が求められるので、今一度の見直しをする。 ・安易に妥協しない進路指導と中学生に与える影響を考えての取り組みを期待する。
志を高く
持つ
・進路行事に参加することで、進路について真剣に考える機会が継続的にできた。

・進学知識を広げるとともに、学力充実に放課後や休暇中の講座が利用できた。

・就職試験、推薦入試、一般入試、センター試験を目標として努力した。
教員 ・生徒一人一人の適性や能力に応じた指導をおこなうが、常に一つ上を目指す指導を心がける。

・情報が氾濫する社会なので整理がつかない生徒へ相談に応じる環境作りを心がける。

・多岐にわたる進路先を教員は個々に丁寧に対応する。
・生徒一人一人の適性を考えた進路指導を連携して実施した。







(5) A 生徒 ・教員はコミュニケーションが苦手な生徒でも、行事や部活動、日常生活を通じて仲間作りがすすむよう積極的な仕掛け作りを展開する。 防災への取り組みをHPに掲載して安全安心を多くの保護者、地域に知らせてほしい。
安全、安心な学校を
目指す
・励まし合う仲間作りをクラス、部活動などでおこない、相互の信頼を築く努力をした。

・自転車事故ゼロプロジェクトスクールに参加し、磐田警察署、磐田市、交通安全協会と連携し活動した。
教員 ・防災対策の継続的研修をすすめ、改善を図る。
・防災対策委員会を中心に防災対策に努め、緊急時の備品準備、研修を実施した。

今後に向けての学校の考え(学校関係者評価を受けて)

  • 昨年までの重点目標から、本年度は変更をした。知性、品性を求める学校教育は日頃からの地道な取り組みが求められるので、学級、学年、全校へと母集団が大きくなっても指導目標がぶれないよう次年度も進めていきたい。また、生徒一人一人の取り組みが的確に評価でき、支援が及ぶよう心がけたい。
※学校自己評価は、A:十分に成果があった、B:成果があった、C:成果がなかった


 
トップへ戻る

磐田東中学校・高等学校

〒438-0086 静岡県磐田市見付180-5
Tel 0538-32-6118 Fax 0538-37-9040 Email: voice@iwatahigashi-h.ed.jp

Copyright © 磐田東中学校・高等学校 All Right Reserved.