学校評価学校評価

平成27年度 高校教職員 自己評価 結果

次の項目について5段階で評価(%で記入)

(5:水準をかなり上回っている、4:水準を上回っている、3:水準をほぼ満たしている、2:水準をやや満たしておらず、努力が必要、1水準を満たしておらず、かなり努力が必要 )

評価項目\評価段階 5 4 3 2 1 平均
1 教育課程・学習指導(教育課程、総合、道徳、総合学習、特別活動、学校行事、読書、授業方法、教材、評価法) 13.2% 44.7% 39.5% 2.6% 0.0% 3.7
2 HR(学級)指導(担任、副担任として) 8.3% 25.0% 52.8% 13.9% 0.0% 3.3
3 生徒指導 5.3% 31.6% 50.0% 13.2% 0.0% 3.3
4 進路指導 10.5% 26.3% 50.0% 10.5% 2.6% 3.3
5 部活動指導 5.4% 32.4% 40.5% 21.6% 0.0% 3.2
6 安全管理(学校安全、危機管理、学校防災等) 7.9% 13.2% 68.4% 7.9% 2.6% 3.2
7 保健・施設等の管理(衛生、清掃、活用、点検等) 7.9% 23.7% 55.3% 13.2% 0.0% 3.3
8 組織運営(分掌、予算、情報管理・発信等) 15.8% 23.7% 55.3% 5.3% 0.0% 3.5
9 学校運営(募集、予算、購入等) 2.6% 28.9% 57.9% 10.5% 0.0% 3.2
10 研修(校内研修・校外研修) 5.3% 23.7% 60.5% 10.5% 0.0% 3.2
11 保護者・地域住民等との連携 7.9% 34.2% 52.6% 5.3% 0.0% 3.4
12 活動の計画→実践→評価→改善 7.9% 13.2% 68.4% 10.5% 0.0% 3.2

平成27年度 授業アンケート結果

・生徒から教員に対し、「授業について」のアンケートを次の要領で実施した。

質問 回答
私の授業内容に対する感想を教えてください
ア 熱意 1 感じる 2 まあまあ 3 感じない
イ わかりやすさ 1 理解しやすい 2 まあまあ 3 理解しにくい
ウ 力づけ 1 思う 2 まあまあ 3 思わない
エ 学習興味 1 おもしろい 2 少し 3 おもしろくない
オ 定着確認 1 よく確認 2 時々確認 3 確認しない
私の授業形態に対する感想をおしえてください
カ 開始時刻 1 定刻 2 早い 3 遅い
キ 終了時刻 1 定刻 2 遅い 3 早い
ク 宿題の印象  1 適量 2 少ない 3 ない
ケ 有益教材 1 使う 2 たまに使う 3 使わない
コ 授業秩序 1 ある 2 まあまあ 3 ない
あなたの授業に対する取り組みについておしえてください
A 意欲 1 意欲的 2 消極的 3 意欲なし
B 理解 1 理解 2 半分くらい 3 理解していない
C 予習 1 する 2 したり・しなかったり 3 あまりしない
D 復習 1 する 2 したり・しなかったり 3 あまりしない
E 課題・宿題 1 する 2 やらないことが多い 3 宿題はない
  ア 熱意   イ わかりやすさ   ウ 力づけ
  1 2 3   1 2 3   1 2 3
英数1年 65.3% 33.5% 1.2%   45.2% 47.5% 7.3%   30.2% 61.3% 8.5%
英数2年 92.0% 8.0% 0.0%   66.2% 29.7% 4.2%   47.9% 47.5% 4.6%
英数3年 72.7% 25.8% 1.6%   51.8% 42.2% 6.1%   33.0% 60.0% 7.0%
I類1年 61.3% 34.9% 3.8%   45.0% 43.4% 11.6%   35.4% 53.2% 11.4%
I類2年 65.5% 30.0% 4.5%   53.1% 37.0% 9.9%   39.7% 52.4% 7.9%
I類3年 84.7% 14.5% 0.9%   72.8% 22.4% 4.8%   61.7% 31.6% 6.7%
II類1年 58.7% 36.2% 5.1%   42.3% 45.7% 12.0%   33.5% 54.4% 12.1%
II類2年 68.7% 27.9% 3.4%   56.2% 35.8% 8.0%   45.0% 46.4% 8.6%
II類3年 73.2% 24.6% 2.2%   63.2% 30.9% 5.9%   53.2% 40.8% 5.9%
体芸1年 71.0% 25.6% 3.5%   65.1% 27.6% 7.4%   56.9% 36.3% 6.8%
体芸2年 82.6% 16.7% 0.7%   75.5% 22.0% 2.4%   61.7% 33.9% 4.4%
体芸3年 74.3% 20.6% 5.1%   67.1% 25.4% 7.5%   56.5% 33.6% 9.9%
  エ 学習興味   オ 定着確認   カ 開始時刻
  1 2 3   1 2 3   1 2 3
英数1年 45.2% 42.8% 12.0%   22.0% 51.6% 26.4%   85.6% 1.4% 13.0%
英数2年 51.0% 38.0% 11.0%   37.0% 40.5% 22.5%   91.3% 0.0% 8.7%
英数3年 41.2% 46.1% 12.7%   34.0% 43.4% 22.7%   86.1% 8.2% 5.7%
I類1年 40.7% 42.4% 16.9%   31.9% 53.4% 14.7%   85.7% 3.8% 10.5%
I類2年 40.7% 41.9% 17.4%   40.2% 43.2% 16.6%   95.0% 2.0% 3.0%
I類3年 64.6% 24.2% 11.3%   48.9% 30.2% 21.0%   96.6% 1.9% 1.4%
II類1年 36.3% 47.0% 16.7%   26.6% 53.4% 20.1%   86.3% 4.4% 9.3%
II類2年 50.5% 36.3% 13.2%   36.4% 38.7% 25.0%   84.2% 5.1% 10.6%
II類3年 58.5% 32.2% 9.4%   42.6% 33.3% 24.1%   90.9% 4.7% 4.4%
体芸1年 57.9% 30.9% 11.3%   28.8% 30.5% 40.7%   91.2% 4.4% 4.4%
体芸2年 67.3% 26.9% 5.8%   39.9% 17.7% 42.4%   94.2% 3.4% 2.4%
体芸3年 65.5% 20.6% 13.9%   41.7% 14.5% 43.8%   89.3% 5.1% 5.5%
  キ 終了時刻   ク 宿題の印象   ケ 有益教材
  1 2 3   1 2 3   1 2 3
英数1年 88.8% 9.9% 1.2%   67.8% 1.0% 31.2%   51.3% 30.8% 17.8%
英数2年 94.3% 5.7% 0.0%   73.3% 0.0% 26.7%   76.0% 15.6% 8.4%
英数3年 83.6% 15.6% 0.8%   50.1% 13.3% 36.6%   63.5% 27.0% 9.6%
I類1年 90.5% 8.1% 1.4%   77.1% 3.0% 19.8%   51.2% 37.3% 11.4%
I類2年 92.6% 6.9% 0.5%   85.9% 0.7% 13.4%   63.8% 24.8% 11.4%
I類3年 93.3% 5.6% 1.1%   59.3% 2.6% 38.1%   75.5% 17.3% 7.2%
II類1年 84.7% 12.8% 2.4%   63.3% 4.9% 31.8%   45.5% 37.2% 17.3%
II類2年 88.0% 9.8% 2.2%   42.7% 6.4% 50.9%   51.3% 27.8% 20.9%
II類3年 90.1% 8.6% 1.3%   45.4% 8.4% 46.2%   59.7% 26.2% 14.1%
体芸1年 86.6% 12.3% 1.1%   17.1% 1.9% 80.9%   33.1% 21.3% 45.6%
体芸2年 91.3% 5.8% 2.9%   33.3% 1.0% 65.7%   47.6% 15.5% 36.9%
体芸3年 80.6% 15.8% 3.6%   30.5% 0.0% 69.5%   35.4% 8.6% 56.0%
  コ 授業秩序   A 意欲   B 理解
  1 2 3   1 2 3   1 2 3
英数1年 53.3% 44.2% 2.4%   75.6% 21.3% 3.0%   49.8% 43.0% 7.2%
英数2年 63.1% 35.0% 1.9%   82.5% 14.4% 3.0%   58.6% 35.4% 6.1%
英数3年 60.0% 36.1% 3.9%   67.8% 29.9% 2.3%   49.4% 43.8% 6.8%
I類1年 49.9% 43.1% 7.0%   68.6% 28.0% 3.4%   44.7% 45.1% 10.2%
I類2年 70.7% 27.8% 1.5%   81.2% 15.8% 3.0%   51.1% 43.2% 5.7%
I類3年 72.3% 23.5% 4.2%   83.4% 12.5% 4.1%   66.7% 26.1% 7.2%
II類1年 46.2% 46.7% 7.1%   62.0% 32.0% 6.0%   36.2% 53.0% 10.7%
II類2年 48.4% 42.6% 9.0%   71.6% 23.8% 4.6%   50.0% 41.3% 8.6%
II類3年 62.7% 30.8% 6.5%   74.8% 22.3% 2.9%   58.8% 33.8% 7.5%
体芸1年 69.3% 26.8% 3.9%   83.1% 15.3% 1.7%   71.0% 26.1% 2.9%
体芸2年 68.8% 22.8% 8.5%   87.6% 10.9% 1.5%   75.4% 21.4% 3.2%
体芸3年 72.1% 21.1% 6.8%   82.6% 13.4% 4.0%   71.3% 23.5% 5.2%
  C 予習   D 復習   E 課題・宿題
  1 2 3   1 2 3   1 2 3
英数1年 16.9% 23.4% 59.8%   12.2% 36.0% 51.8%   50.6% 18.9% 30.5%
英数2年 9.9% 23.2% 66.9%   19.8% 40.3% 39.9%   58.4% 10.7% 30.9%
英数3年 17.6% 31.4% 51.0%   20.9% 45.7% 33.4%   45.1% 21.3% 33.6%
I類1年 14.2% 34.9% 50.9%   16.8% 41.9% 41.3%   70.3% 10.4% 19.4%
I類2年 13.6% 36.3% 50.1%   12.1% 38.3% 49.6%   73.8% 8.9% 17.3%
I類3年 27.4% 19.8% 52.8%   25.4% 22.6% 52.0%   49.2% 8.4% 42.4%
II類1年 10.7% 30.6% 58.7%   11.5% 35.5% 53.0%   42.5% 23.5% 34.0%
II類2年 16.8% 24.4% 58.9%   16.8% 28.7% 54.4%   32.7% 12.1% 55.3%
II類3年 21.8% 19.0% 59.2%   22.3% 18.8% 58.9%   35.6% 12.2% 52.2%
体芸1年 8.6% 6.5% 84.9%   8.3% 7.6% 84.2%   12.0% 4.0% 84.0%
体芸2年 20.9% 5.7% 73.5%   19.6% 6.2% 74.2%   25.2% 1.9% 72.9%
体芸3年 21.3% 10.0% 68.8%   20.4% 9.2% 70.4%   19.1% 2.1% 78.8%

平成27年度学校自己評価と学校関係者評価

校  訓 中庸の道
教育方針 知・徳・体 バランスのとれた人間の育成

重点目標 学校自己評価 改善策 学校関係者評価
(1) 基礎学力の定着及び自ら学ぶ力の育成 B ・27名の教員が研究授業・公開授業を実施し、授業力向上に努めた。また校外でも私学協会を中心とした多くの研修に参加し指導力の向上と資質向上に努めた。

・「学習の記録ノート」を生徒の一人一人が作成活用し、日々の学習足跡を振り返りつつ自発的学習姿勢の育成に努めた。

・課外講座や授業外の質問を職員室や職員室前の廊下で受けた。また、そのような雰囲気作りにも積極的に努めた。
・研究授業・公開授業を継続して実施し、より工夫された授業を目指す。

・校外の研修に積極的に参加し、指導力の向上に努める。

・家庭学習の定着に止まらず、向上につながる雰囲気をクラス、学年に渡るよう工夫を凝らす。

高入生と一貫生との間に学習姿勢に差違が生自邸ルカの質問に対し、入学当初の「黄金の三日間」の考えを示し、最初の指導の重要性を披露した。
(2) 規律と礼儀品性の向上 B ・社会規範(自転車、バス電車の利用など)理解のための活動や講演会に積極的に参加した。

・登下校時の自転車マナーについて、校外からの指摘もあるので、信頼を高めるよう生徒課を中心とした指導を実施している。

・イエローカード制度を活用して規範意識の向上に取り組み、校内巡視も実施して生徒の日常の様子を把握するよう努めている。
・生徒の実状を把握しながら適切で根気強い指導を続け、生徒と教師の間の隙間を狭ばめ、信頼に基づく学校生活が過ごせるように努める。

・教師間の連携を密にして指導に格差が生じないように注意する。
地域周辺では自転車の並列、右側通行などまだまだマナー違反が見られる事と挨拶が良くできるようになったと指摘された。自転車の指導切符による生徒が居る事の実態や警察への呼び出しについて質問があった。
(3) 生徒の志望に応える進路保障 A

・進路知識を広めるよう雑誌、情報機器を利用して情報の収集に努めた。また、学年毎に進路行事を実施し視野を広めることで進路設計の構築を支援した。

・就職試験、推薦入試、一般入試、センター試験を目標としつつ、就職、進学共に一つ上を目指す指導を心掛けた。

・放課後や長期休暇中の進学講座で学習リズムを作り、教員と生徒が二人三脚で目標に近づく指導をおこなった。

・適切な進路計画による進路行事の遂行で、早期より意識を高めさせ緊張感を持たせる。

・適性や能力に応じつつも高い目標を持った進路指導とする。
一貫生は早くからの進路指導と授業展開をすることで意識が高まり、しっかりした進路を目指すようになる。
部活動と学習の切り換え指導が重要との指摘がなされた。
(4) 部活動・特別活動の充実 A ・県大会出場以上を目標に日々活動し、東海大会や全国大会に出場する部活動が生まれた。

・生徒からの要望で同好会が発足し、やりがいと充実感が広まった。

・HPへの動画掲載、校内での新聞、雑誌の記事掲示などで活動意欲が高まった。

・適切な指導が各部活動で行われ、個々の技術や能力の向上ばかりでなく自主性、責任感、協調性といった人間性の成長が見られている。
・結果を求める指導に終わらず、人間性を高める指導を今後も行う。

・適性や能力に応じつつも県大会以上を目指すなど高い目標を持った指導とする。

・生徒が輝く場としての環境作りを保護者と共に今後も構築していく。

生徒の主体的な行動はモチベーションが高いので、このような動きを大切にすべきである。
今後も活発な活動を期待する。
(5) 安心・安全で信頼される学校作り A ・HRや総合の授業を通じて小集団からのコミュニケーション作りを心掛けた。

・職員による校内巡視で生徒の日常把握に努めている。

・防災対策委員会を中心に防災対策に努め、緊急時の備品準備、研修をおこない、生徒との防災宿泊研修を実施した。
・コミュニケーションを苦手とする生徒、協調性を求める生徒など多様な対応が求められているので、平素より研修にあたり、教員間の連携で対応できる組織を作る。

・職員と生徒が合同の研修を継続的に実施し、意識を高める。
防災備品の充実と地域の二次避難所として期待が高い。
いじめ、体罰への対応状況に質問があり、現状の取り組みを理解していただいた。

今後に向けての学校の考え(学校関係者評価を受けて)

  • 重点目標が5つへと変更をした。日頃からの地道な取り組みによって達成される事柄であるので、学年、学級、個人へと浸透するよう教師の指導が求められてもいる。どの場合でも目標からぶれないよう教師間の連携を進めながら指導を重ねたい。また生徒一人一人の取り組みも的確に評価でき、支援することを心掛けたい。
※学校自己評価は、A:十分に成果があった、B:成果があった、C:成果がなかった


 
トップへ戻る

磐田東中学校・高等学校

〒438-0086 静岡県磐田市見付180-5
Tel 0538-32-6118 Fax 0538-37-9040 Email: voice@iwatahigashi-h.ed.jp

Copyright © 磐田東中学校・高等学校 All Right Reserved.