学校評価学校評価

平成27年度 中学校教職員 自己評価 結果

次の項目について5段階で評価(%で記入)

(5:水準をかなり上回っている、4:水準を上回っている、3:水準をほぼ満たしている、2:水準をやや満たしておらず、努力が必要、1水準を満たしておらず、かなり努力が必要 )

評価項目\評価段階 5 4 3 2 1 平均
1 教育課程・学習指導(教育課程、総合、道徳、総合学習
特別活動、学校行事、読書、授業方法、教材、評価法)
9% 45% 27% 18% 0% 3.5
2 HR(学級)指導(担任、副担任として) 18% 27% 36% 18% 0% 3.5
3 生徒指導 0% 36% 45% 18% 0% 3.2
4 進路指導 9% 27% 36% 27% 0% 3.2
5 部活動指導 18% 27% 36% 18% 0% 3.5
6 安全管理(学校安全、危機管理、学校防災等) 9% 9% 45% 36% 0% 2.9
7 保健・施設等の管理(衛生、清掃、活用、点検等) 9% 36% 55% 0% 0% 3.5
8 組織運営(分掌、予算、情報管理・発信等) 9% 18% 55% 18% 0% 3.2
9 学校運営(募集、予算、購入等) 9% 18% 55% 9% 9% 3.1
10 研修(校内研修・校外研修) 9% 36% 27% 18% 9% 3.2
11 保護者・地域住民等との連携 18% 18% 64% 0% 0% 3.5
12 活動の計画→実践→評価→改善 18% 18% 55% 9% 0% 3.5

平成27年度 授業アンケート結果

・生徒から教員に対し、「授業について」のアンケートを次の要領で実施した。

・項目は、授業の進め方全般について 説明のわかりやすさについて
     声の聞き取りやすさについて 板書の方法、字の大きさ、チョークの色使い等
     生徒への対応 授業態度
     教材への興味の持たせ方 宿題の量
     熱意、真剣さ
・評価は1~3の3段階で表し、3は満足度が高く、2は普通、1は満足度が低い

1年から3年までの全6クラスで実施した結果をまとめ、%で表したもの

  授業全体 説明 声の聞き取り 板書チョーク等 生徒対応
  3 2 1 3 2 1 3 2 1 3 2 1 3 2 1
国語 63.9 34.0 2.0 55.8 42.9 1.4 76.2 22.4 1.4 64.6 29.9 5.4 53.7 42.2 4.1
社会 68.8 26.4 4.9 70.1 26.4 3.5 79.2 18.1 2.8 64.6 31.3 4.2 68.8 29.2 2.1
数学 64.6 31.3 4.2 65.5 30.3 4.1 82.1 15.9 2.1 72.4 24.1 3.4 64.1 32.4 3.4
理科 57.5 39.7 2.7 56.8 40.4 2.7 65.5 31.7 2.8 53.4 39.7 6.8 47.9 44.5 7.5
音楽 36.4 58.0 5.6 34.3 54.5 11.2 62.2 31.5 6.3 26.2 51.1 22.7 20.4 53.5 26.1
美術 45.9 50.0 4.1 47.3 43.2 9.6 58.2 37.7 4.1 38.4 52.7 8.9 45.9 44.5 9.6
保体 75.3 23.3 1.4 74.7 23.3 2.1 84.2 13.7 2.1 × × × 63.7 32.9 3.4
家庭 42.2 54.1 3.7 52.3 44.0 3.7 62.4 33.9 3.7 52.3 47.7 0.0 50.5 44.0 5.5
英語 47.5 47.5 5.0 37.9 48.2 14.0 58.1 37.2 4.7 49.8 42.5 7.6 49.8 44.2 6.0
  授業進度 教材への興味 宿題量 熱意・真剣さ
  3 2 1 3 2 1 3 2 1 3 2 1
国語 44.2 53.1 2.7 44.9 51.7 3.4 38.1 52.4 9.5 70.1 27.9 2.0
社会 63.9 31.9 4.2 56.3 41.7 2.1 63.9 32.6 3.5 71.5 26.4 2.1
数学 53.8 35.2 11.0 51.0 45.5 3.4 34.3 48.6 17.1 76.6 20.7 2.8
理科 47.3 50.0 2.7 41.1 55.5 3.4 47.9 46.6 5.5 51.4 43.8 4.8
音楽 38.5 55.2 6.3 25.2 62.2 12.6 49.6 44.7 5.7 40.6 49.7 9.8
美術 45.2 49.3 5.5 40.4 51.4 8.2 50.0 43.8 6.2 43.2 50.7 6.2
保体 62.5 35.4 2.1 64.4 33.9 1.7 × × × 74.1 23.7 2.2
家庭 46.8 49.5 3.7 40.4 51.4 8.3 63.3 34.9 1.8 52.3 45.9 1.8
英語 46.8 47.8 5.3 39.9 52.2 8.0 49.2 43.9 7.0 52.8 43.5 3.7

平成27年度学校自己評価と学校関係者評価

校  訓 中庸の道
教育方針 知・徳・体 バランスのとれた人間の育成

重点目標 学校自己評価 改善策 学校関係者評価
(1) 基礎学力の定着及び自ら学ぶ力の育成 A ・校外研修への参加で、指導力の資質向上と授業力向上を図った。

・研究授業・公開授業の実施により、授業力向上に取り組んだ。

・学習教材に新聞を取り入れ.幅広い知識の向上を図った。

・「生活・学習の記録」により、家庭学習習慣の定着を徹底させた。

・学習教材「すらら」を活用して、基礎力の徹底を図った。

・新聞投稿を積極的に行い、文章の構成力の定着を図った。
・校外研修への参加、研究および公開授業の実施は、継続していくことが重要だと考えている。

・新聞投稿は、意見の発信や社会への関心、文章力の養成などのためにも、一層力を注いで取り組んでいきたい。

・家庭での学習習慣の定着と、学習への探究心の向上を促す仕掛けを行う。

・新聞を読むということが、より多くの生徒に定着していくよう、今後も指導していって欲しい。
(2) 規律と礼儀品性の向上 A ・時や場に応じたあいさつや言葉遣い、態度の定着を図った。

・集団の中での「個」を意識した行動ができるよう指導を続け、周囲の要求に気づき、それに応えられる人物の育成を図った。

・生活安全委員会による登校時のあいさつ運動の実施と、啓発用のポスター作成を行い、定着を図った。

・「時を守り、場を清め、礼を正す」を掲げ、生活習慣の徹底を図った。
・TPOをわきまえた判断力、行動力を養い、社会性をより一層高めさせたい。

・コミュニケーション能力に劣る一面を持つ生徒、自己中心的な判断で行動してしまう生徒も少なくないので、物事を正しく受けとめられるように指導していく。
・気持ちの良い挨拶ができる生徒が増えたと感じる。継続していって欲しい。

・自転車通学者の右側通行や並進が目立つので、指導して欲しい。
(3) 生徒の志望に応える進路保障 A ・各学年に応じた適切なキャリア教育の推進を図った。

・高校生との積極的交流により成功(達成)経験を学ばせた。

・6年間を見据え、目標達成のための学力定着を自覚させた。

・職業講演、職場体験の実施で興味関心を広げる仕掛けをした。

・HRデー、古都巡り、修学旅行等の学校行事をとおして国際的視野を意識した社会観の育成を図った。
・中高一貫校としてのメリットが最大限に発揮できるよう、高校を巻き込んでの仕掛けを多く実施したい。

・6年後の自分をイメージできるように、基礎学力を徹底的に定着させる。

・学校行事を通して、やりがいと達成感が得られるように企画運営をサポートしていく。
・様々な職種の方から職業に関する講演が聴けるようになると良い。

・将来について個々に相談できるキャリアカウンセリング的な催しがあると良い。

・早い時期から大学受験のための学習ができるように、学習計画を立てて欲しい。
(4) 部活動・特別活動の充実 B ・学業と両立しながら、目標達成を目指し積極的に活動に参加した。

・仲間への貢献を自覚させ、自分の存在を肯定できるように促した。

・生徒の手による委員会活動を目指して実践した。

・自発的な企画、運営によって活動できるように仕向けた。

・母校への誇りと愛着が育まれるように、各人の活躍をできる限り全体に向けて発信し、周知徹底を図った。
・生徒会、委員会を生徒主体で活発に活動できるように導き、東中学の文化を築いていく。

・中3の夏からは、高校側の部活動に参加できる体制を敷いたことで、特に生活面においてメリハリの効いた指導ができた。一層活発に行っていきたい。
・中3の夏の早い時期から高校の部活動に参加できることは中高一貫のメリットだと思う。

・生徒の主体性を養うことはとても良いことなので、力を注いで欲しい。

・一貫性にも高校受験の意識を持たせたらどうだろうか。
(5) 安心・安全で信頼される学校作り B ・交通指導員による交通安全教室を実施し、意識の向上を図った。

・保健委員による朝の健康チェックを徹底し、活発に情報発信した。

・1学年がインフルエンザによる臨時休業2日間となり、残念だった。

・9月に男女共同参画講座を実施し、生徒への啓蒙を図った。

・校外研修への参加で、その知識と具体的な運用を図った。

・道徳・学活で、暴力やいじめの徹底した防止指導を行った。
・交通教育、防災教育等を通じて、危機管理能力を高められるようにしていきたい。

・自己管理だけでなく、集団管理への寄与や貢献を意識させた指導を進めていく。
・防災のための備蓄の充実を更に進めて欲しい。

・地域の期待に応えられるように、一層、良い生徒を育てていって欲しい。

今後に向けての学校の考え(学校関係者評価を受けて)

  • 中高6年間を見据えて、まずは基本的生活習慣の確立と、家庭での学習習慣の定着を周知徹底し、「あたりまえのこと」が日常習慣となるように指導していく。これをベースとして、生徒個々が様々な場面で主体的に活動していけるよう、教員が下支えしながら、生徒の成長発達を促していく。磐田東中学校の「文化」を築いていくことに力を注ぐ。
※学校自己評価は、A:十分に成果があった、B:成果があった、C:成果がなかった
 
トップへ戻る

磐田東中学校・高等学校

〒438-0086 静岡県磐田市見付180-5
Tel 0538-32-6118 Fax 0538-37-9040 Email: voice@iwatahigashi-h.ed.jp

Copyright © 磐田東中学校・高等学校 All Right Reserved.