学校長挨拶


校長 大石 佳彦

「教育方針と本年度の重点目標」

 一昨年、校長に就任し、生え抜き校長ならではの基礎のしっかりした「新たな東学園づくり」を目指してスタートしました。平成27年度の本校を表す漢字ひと文字は「動(く)」。前年踏襲をしないことを前提に「まずやってみよう」と行動を大事にしてきました。生徒の手によるダンス部の創部を始め、美化・掲示物・授業態度の3つのコンテストの実施、日常生活や学校行事の中にも新たな取り組みが見られ、「学校づくり」が動き出したことを実感できました。
 2年目の28年度の文字は「挑(む)」。「目指す像を意識し、目的をもって動いていきたい」ということから決めました。まずは、これからの本校の特色とするために「語学プロジェクト」を立ち上げました。中学1年生から日本語・英語の基礎力を養成するために電子辞書を用いて文字学や漢字学を学んだり、電子辞書の中の英英辞典を使って日本語と英語の仕組みについて学ぶことで言語の力をつけ、英検・漢検等の資格取得、模試におけるGTZの向上などに重点を置いて取り組んでいます。また、剣道部・女子サッカー部・囲碁部や教員の剣道・弓道での全国大会出場、さらには野球部の読売ジャイアンツ入団など活躍が目立ち、学校が大いに活気づきました。
そして3年目の29年度の文字は「高(める)」。土台づくりの集大成として、今まで取り組んできたことを完成させる、また、教員が中心となって行ってきたことを生徒が主体となって行うようにしたいということから決めました。今年度も昨年度のその勢いを引き継ぎ、「生徒が生き生きしている学校」を目指して真っ直ぐに進んでいきたいと思います。

 4月7日、中学校・高等学校合同入学式が行われました。中学校は31人、高校は271人の生徒が新たに本校の生徒となり、中・高合わせて総数969人で平成29年度がスタートしています。
 本年度の教育方針・重点目標は以下のとおりです。

教育方針 「知・徳・体 バランスのとれた人間の育成」

本校は、知育・徳育・体育を重視した全人教育を実践しています。日々の教育活動を通し文武両道に励み、将来、社会に貢献できる人間となるよう指導してまいります。

平成29年度重点目標

(1)基礎学力の充実と自発的な学習態度の育成
(2)規律と礼儀、品性の向上
(3)生徒の志望に応える進路保障
(4)部活動・特別活動の充実
(5)安心・安全で開かれた学校づくり

教職員一同、この目標を達成するために一丸となって取り組んでまいります。

(校長大石 佳彦平成29年4月)

高等学校

英数科

中高一貫生と高入生という異なる成長過程を経てきた生徒を1つの集団として作り上げ、磐田東高等学校英数科として指導する。 さまざまな学習活動を通じて、学習能力を高め、生徒個々の生きる力を養うことを目標とする。

普通科

磐田東高等学校生徒として、目的意識を持ち、全力で取り組むことができるよう指導する。 規範意識が高く、主体的な生活ができる生徒の育成を目標とする。

 
トップへ戻る

磐田東中学校・高等学校

〒438-0086 静岡県磐田市見付180-5
Tel 0538-32-6118 Fax 0538-37-9040 Email: voice@iwatahigashi-h.ed.jp

Copyright © 磐田東中学校・高等学校 All Right Reserved.