学校評価学校評価

令和2年度 授業アンケート結果

・生徒から教員に対し、「授業について」のアンケートを次の要領で実施した。

質問 回答
私の授業内容に対する感想を教えてください
ア 話し方 1 適切 2 やや不満 3 不満
イ 説明の仕方 1 適切 2 やや不満 3 不満
ウ 黒板の使い方 1 適切 2 やや不満 3 不満
エ 指示・問いかけ 1 適切 2 やや不満 3 不満
オ 授業開始 1 適切 2 やや不満 3 不満
カ 授業終了 1 適切 2 やや不満 3 不満
キ 話し合い・発表の時間 1 適切 2 やや不満 3 不満
ク 考えを深め、まとめる時間 1 適切 2 やや不満 3 不満
ケ 生徒に対する態度 1 適切 2 やや不満 3 不満
コ 授業内容満足度 1 適切 2 やや不満 3 不満
あなたの授業に対する取り組みについておしえてください
A 意欲 1 はい 2 どちらともいえない 3 いいえ
B 規律とマナー 1 はい 2 どちらともいえない 3 いいえ
C 予習・復習 1 はい 2 どちらともいえない 3 いいえ
  ア 話し方   イ 説明の仕方   ウ 黒板の使い方
  1 2 3   1 2 3   1 2 3
英数1年 96.1% 3.6% 0.3%   93.9% 5.6% 0.5%   92.2% 6.3% 1.5%
英数2年 96.7% 3.0% 0.3%   94.0% 5.4% 0.6%   96.7% 3.3% 0.0%
英数3年 95.1% 2.7% 2.7%   93.7% 4.0% 2.3%   93.0% 5.0% 2.0%
I類1年 95.9% 3.3% 0.8%   93.6% 5.5% 0.9%   92.7% 5.3% 2.0%
I類2年 94.6% 4.1% 1.2%   86.7% 11.0% 2.3%   89.4% 8.5% 2.1%
I類3年 90.0% 7.6% 2.4%   88.3% 9.8% 1.9%   92.4% 5.9% 1.7%
II類1年 96.1% 3.3% 0.6%   94.1% 5.7% 0.3%   96.4% 2.9% 0.7%
II類2年 95.2% 4.1% 0.7%   93.1% 6.3% 0.6%   95.3% 4.1% 0.6%
II類3年 85.9% 10.7% 3.4%   82.7% 12.8% 4.5%   85.6% 10.2% 4.2%
体芸1年 98.6% 1.2% 0.2%   96.9% 2.6% 0.5%   96.2% 2.6% 1.2%
体芸2年 96.8% 2.0% 1.2%   96.3% 2.2% 1.5%   94.6% 4.2% 1.2%
体芸3年 98.3% 0.4% 1.3%   96.2% 2.5% 1.3%   95.4% 4.2% 0.4%
  エ 指示・問いかけ   オ 授業開始   カ 授業終了
  1 2 3   1 2 3   1 2 3
英数1年 96.4% 3.1% 0.5%   94.0% 4.3% 1.7%   94.2% 4.9% 0.9%
英数2年 97.3% 2.7% 0.0%   99.4% 0.6% 0.0%   99.4% 0.6% 0.0%
英数3年 94.1% 3.7% 2.7%   97.1% 1.7% 1.2%   95.4% 2.4% 2.7%
I類1年 96.4% 3.2% 0.5%   97.3% 2.1% 0.6%   97.7% 1.7% 0.6%
I類2年 92.3% 6.6% 1.0%   97.1% 2.7% 0.2%   97.7% 1.9% 0.4%
I類3年 91.9% 6.8% 1.3%   95.1% 3.6% 1.3%   96.4% 2.3% 1.3%
II類1年 96.4% 2.9% 0.7%   96.8% 2.9% 0.3%   97.8% 2.1% 0.1%
II類2年 94.9% 4.7% 0.4%   94.3% 4.8% 0.9%   95.3% 3.8% 0.9%
II類3年 85.6% 10.6% 3.8%   94.1% 4.3% 1.6%   94.2% 4.0% 1.8%
体芸1年 96.1% 3.1% 0.8%   98.1% 1.4% 0.5%   96.9% 2.4% 0.7%
体芸2年 95.8% 2.2% 2.0%   98.3% 1.0% 0.7%   96.0% 1.7% 2.3%
体芸3年 96.7% 1.7% 1.6%   97.5% 1.3% 1.2%   98.3% 0.8% 0.9%
  キ 話し合い・発表の時間   ク 考えを深め、まとめる時間   ケ 生徒に対する態度
  1 2 3   1 2 3   1 2 3
英数1年 86.5% 11.6% 1.9%   92.5% 6.5% 1.0%   96.1% 3.2% 0.7%
英数2年 92.8% 5.7% 1.5%   93.4% 6.3% 0.3%   97.9% 1.8% 0.3%
英数3年 92.7% 4.7% 2.6%   93.9% 3.9% 2.2%   93.7% 3.7% 2.6%
I類1年 86.2% 12.0% 1.8%   89.5% 9.4% 1.1%   97.3% 2.1% 0.6%
I類2年 8.8% 9.9% 1.2%   91.3% 7.7% 1.0%   96.3% 2.7% 1.0%
I類3年 90.0% 7.9% 2.1%   90.2% 8.1% 1.7%   91.3% 6.8% 1.9%
II類1年 89.9% 8.6% 1.5%   92.6% 6.5% 1.0%   97.4% 2.5% 0.1%
II類2年 90.5% 7.9% 1.6%   92.8% 6.3% 0.9%   94.9% 4.4% 0.7%
II類3年 82.9% 10.1% 7.0%   83.7% 10.7% 5.6%   87.0% 8.2% 4.8%
体芸1年 92.2% 6.6% 1.2%   93.9% 5.4% 0.7%   97.6% 2.1% 0.2%
体芸2年 93.8% 3.7% 2.5%   94.3% 4.0% 1.7%   94.8% 3.2% 2.0%
体芸3年 95.8% 1.7% 2.5%   96.2% 2.5% 1.3%   96.7% 1.3% 2.0%
  コ 授業内容満足度   A 意欲   B 規律とマナー
  1 2 3   1 2 3   1 2 3
英数1年 94.4% 5.1% 0.5%   82.6% 16.6% 0.9%   95.2% 4.8% 0.0%
英数2年 92.8% 6.9% 0.3%   88.0% 11.1% 0.9%   95.5% 3.9% 0.6%
英数3年 90.6% 6.7% 2.7%   87.4% 10.3% 2.3%   92.4% 6.6% 1.0%
I類1年 92.2% 7.0% 0.8%   88.6% 10.5% 0.9%   93.2% 6.2% 0.6%
I類2年 88.8% 8.5% 2.7%   89.0% 9.7% 1.2%   94.0% 6.0% 0.0%
I類3年 90.0% 8.1% 1.9%   77.3% 19.3% 3.4%   89.6% 9.3% 1.1%
II類1年 95.6% 3.9% 0.6%   91.7% 8.0% 0.3%   95.3% 4.3% 0.4%
II類2年 92.7% 6.1% 1.2%   82.0% 17.4% 0.6%   88.0% 11.4% 0.6%
II類3年 83.2% 10.1% 6.7%   81.6% 17.0% 1.4%   87.4% 10.9% 1.7%
体芸1年 96.2% 3.1% 0.7%   94.6% 5.4% 0.0%   97.9% 1.9% 0.2%
体芸2年 93.0% 5.0% 2.0%   92.1% 7.2% 0.7%   95.5% 4.0% 0.5%
体芸3年 95.8% 2.1% 2.1%   91.2% 5.4% 3.4%   96.2% 2.9% 2.9%
  C 予習・復習
  1 2 3
英数1年 60.4% 33.8% 5.8%
英数2年 65.4% 27.7% 6.9%
英数3年 60.9% 28.7% 10.4%
I類1年 64.7% 31.0% 4.3%
I類2年 73.9% 22.2% 3.9%
I類3年 61.4% 25.0% 13.6%
II類1年 57.1% 34.5% 8.4%
II類2年 62.3% 29.2% 8.5%
II類3年 64.2% 22.2% 13.6%
体芸1年 50.4% 39.0% 10.6%
体芸2年 54.7% 33.7% 11.6%
体芸3年 70.3% 11.7% 18.0%

令和2年度学校自己評価と学校関係者評価

校  訓 中庸の道
教育方針 知・徳・体 バランスのとれた人間の育成

重点目標 学校自己評価 学校関係者評価
(1) 基礎学力の充実と自発的な学習態度の育成 A 昨年を上回る24名の教員に対し研究授業を実施するとともに、事後の研修会で意見交換し、教科指導力の向上に努めた。校内のICT化に向けて推進委員会を設け、次年度の整備計画を立案した。
4,5月の休業期間中は、Youtubeを利用しての授業動画配信を実施し、通学できないハンディを補った。
コロナ禍で勉強合宿等の実施はできなかったが、その結果、与えられた学習に頼らず自主的に学習に取り組む意識が高まった。
「語学プロジェクト」として、普通科で英検・漢検の取得を意識させ、実力に応じた各級の取得に挑戦させ、大きく飛躍した昨年と同等の成果を残せた。
学校のICT化に向けて、着実に準備を進めるとともに、できるだけ早く実現して欲しい。さらに、教職員にはそれを存分に使いこなした指導を期待したい。
万が一、コロナで休校措置となっても、それに対応できるような準備を整えていって欲しい。
(2) 規律と礼儀、品性の向上 A コロナ禍のため、例年行っている生徒会・運動部員による挨拶運動は実施できなかったが、教員が交代で朝の登校時に声かけを行い、爽やかな挨拶や身だしなみの定着を徹底した。
「交通事故ゼロプロジェクト」推進校に任命されたこともあり、機会あるごとに、自転車マナーの向上を生徒に伝達し、事故防止に努めた。
密を避ける・適度な距離を保つ・マスクを着用する等、新しい生活様式の定着を、校内生活のあらゆる場面で繰り返し指導し、徹底に努めた。
自転車走行中の事故(特に対人)について、厳罰化や高額の賠償を要求されるように変わりつつある。その現実を踏まえ、より一層、交通ルール・交通マナーの確実な実践を求めたい。
コロナ禍ではあるが、挨拶がきちんとできることはとても大切であり、今後も継続して指導していって欲しい。
(3) 生徒の志望に応える進路保障 A 就職希望者に対し、計画的な指導を実施した。(父母と教師の会協力の面接指導等)また進学希望者に対して、計画的な模試と実力養成講座を実施した。
大学合格に向け、志望校検討委員会を開催し、個々の生徒に対する戦略を練った。密を避けることに配慮しながら、学習室・進路指導室を開放した。
コロナ禍のため、県内や近隣の大学・専門学校を招聘しての、出前講座・進路ガイダンス等を実施した。
総合的な学習の時間を活用して、職業調べや、適性検査を実施した。
学年ごとによる、校内および周辺の美化活動を実施した。
コロナ禍であることもあり、就職や入試の日程、選抜方法等が、二転三転することもあったが、それに過度に動揺することなく、適切な準備を進めて対処できた。その結果、例年と変わらず、あるいはそれ以上の実績を残すことができた。
(4) 部活動・特別活動(学校行事、生徒会活動、HR活動)の充実 B 密を避けるため、学年ごとにスポーツ大会を実施し、今まで以上にHRが団結できた。
磐田市主催の「ヤング草莽塾」等への参加。物品の寄付等による地域内の施設へのボランティア活動。
フィギュアスケートで全国高校総体スケートの部に出場。 囲碁部、剣道部の全国大会出場権の獲得。(コロナ禍のため全国大会は開催されず)部活動・卒業生の活躍を中心に、校内に【チーム磐田東】コーナーを設置。
コロナ禍で各種大会の実施が制限されていることもあり、男女サッカー部、剣道部、野球部等への取材が増え、その結果、メディアを通しての公開が増えたため、例年以上に多くの話題を提供することができた。
緊急事態宣言を受けて、ほとんどの大会等が開催できなくなったため、日頃の活動の成果を発揮する機会を失ってしまい、気の毒であった。そんな中でも、現実を真摯に受け止め、代替大会等で存分に活躍してくれたことに成長を感じた。
学校行事も同様に数多くが中止となったが、10月に体育大会を実施できたことは生徒たちも大変喜んでいた。今後は、方法を研究、工夫し、より多くの行事が実施できるようにして欲しい。
(5) 安心・安全で信頼される学校作り A カウンセラーと契約し、月3回程度(年間120時間)の割合で希望者に対しカウンセリングを実施し、生徒や保護者の心のケアに対応した。
新型コロナ感染症対策の対応について、学校ホームページにフローチャートを掲載し、周知を図った。顔認証体温検知システムを10月に導入し、健康管理の徹底に努めた。毎日、放課後に当番制で校内の消毒作業を実施して、感染防止に努めた。
広報対策室を新たに設置し、学校ホームページの常時更新、学校見学会や学校説明会のWEB申し込み、地域メディアを利用しての広告等、広報活動を一層強化した。
これまで利用していた「きずなネット」から「れんらくアプリ」へとコンテンツを変更し、学校と生徒、保護者間の連絡や情報共有を、一層強化した。
スクールカウンセラーとのカウンセリングを通して、不安や不満を募らせている生徒や、悩みを抱えている生徒たちに対して心のケアをすることができた。その結果、数多くの生徒たちが立ち直り、前向きに学校生活を送ることができている。
感染防止対策についても、新しい生活様式が少しずつ定着し、感染に留意した生活行動がとれるようになってきている。

今後に向けての学校の考え(学校関係者評価を受けて)

  • 今年度は、スタートから新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言で1ヶ月半の休業となり、授業動画配信による補充はしたものの、出遅れを取り戻すことに苦労した。現在進めているICT環境の整備を確実にし、今後、同様な事態となっても対処できる体制を構築し、さらに通常の授業や、学校生活全般に活用できるようにしていきたいと考えている。また、成人年齢の引き下げにより18歳から成人として扱われるため、世間一般から認められる言動や考え方、社会に通じる挨拶やマナーの定着に力を注いで指導していきたい。就学支援金制度によって公立との垣根がなくなりつつある今をチャンスと捉え、「選ばれる学校」として確立していけるよう、教職員一丸となって努力していきたい。
※学校自己評価は、A:十分に成果があった、B:成果があった、C:成果がなかった


 
トップへ戻る

磐田東中学校・高等学校

〒438-0086 静岡県磐田市見付180-5
Tel 0538-32-6118 Fax 0538-37-9040 Email: voice@iwatahigashi-h.ed.jp

Copyright © 磐田東中学校・高等学校 All Right Reserved.